映画・テレビ

2007年4月15日 (日)

「その」先

いゃいゃいゃいゃいゃいゃいゃいゃ……。

観終わった瞬間の、私の感想がこれ↑です。

昨日、『 サンシャイン2057 』(監督:ダニー・ボイル)という

映画を観てきたのですがびっくりいたしました。なかなかどうして

いや、かなり面白かったです。この映画、何気に真田広之が

出演してたりするのですが、いまいち日本では話題になってない

気が。ま、私も真田広之が見たくて行った訳ではもちろんないの

で話題性に関しては何とも言えないのですが^ ^;内容に関して

はもっといろんな所で取り上げてくれてもいいのにと思いますよ。

( しかも、↑であんな事言ってますが真田氏もかなり良い味出し

てました…ごめんね ) 

ストーリーについては、気になった方はリンク先を見ていただく

事に(勝手に)して、私が気になったのはこの映画の監督さん

です。『トレインスポッティング』 『普通じゃない』 『ザ・ビーチ』

そしてあの『28日後…』などなど。あー、あれね、と記憶に割と

残る作品を手掛けてきた方でした。でも私、どれも、まるっきり

『トレインスポッティング』でさえも観てませんでした。『28日後』

は観たいなぁと思いつつ結局そのままだったし。撮ってる作品

の印象から勝手に若いイメージがあったのですが、意外にも

今年51歳という年齢とのギャップにもちょっと驚きました。

でもインタビューなどを読んでみると、なかなかになかなかな

方で『サンシャイン2057』も実にこの監督さんらしい映画だっ

たんだな、と合点がいきました。

映画のキャッチフレーズ~危険で予測不可能な旅が始まる~

とあるのですが、ほんとに(笑)どこに向かってストーリーが進ん

でいるのか途中からどんどん不安になります。その不安感を

与えられた事だけでもこの監督さんの作り方は大成功だと思い

ました。テーマが重く、また多岐にわたる人類の種としての

弱点も見せつけられ充分暗澹とした気分になっているところに

あの「予測不可能~」がくる訳でしょ(笑) しかも、はっきりとした

説明を抑えてあり 「観客が想像する楽しみ」を与えた作りが

私は非常に気に入りました。観終わった後、あーだこーだそれ

ぞれの解釈を語り合うなんて映画の醍醐味のひとつでしょ?

この監督さんの手掛けた作品で初めて観たのがこの『サンシャ

イン2057』でよかったと思いました。これから遡って気になる

作品を観てみたいです。

SFものはあまり好きではない私も十分に楽しめ、エロなしなの

で子供連れでも安心して観られる作品です。観終わった後、

この世界にちょっとはまる事間違いなし。でも、感想は個人差

がありますので、面白くなくても苦情は受け付けません(笑)

ブログランキング・にほんブログ村へ←宜しければクリックお願いいたします^^

| | コメント (13) | トラックバック (1)

2007年2月27日 (火)

とっても話題の♪

嘘です↑^ ^; 小学生とその親の間でしか殆ど知られていないで

あろう 『みんなで!算数99隊』 ―。 月~金曜、テレビ東京系

「おはスタ」終了後の7時29分頃から放送されている45秒程の

帯番組です。小学校低学年時に必ず習う九九を、歌に合わせて

楽しく憶えちゃいましょう!という番組である。

続きを読む "とっても話題の♪"

| | コメント (2) | トラックバック (0)