« 甘い土曜日 | トップページ | 日常と非日常 »

2008年1月13日 (日)

空と海をこえて

芸能プロダクション 『アミューズ』の伝説のプロデューサー・市毛るみ子氏が

力を入れている地方小劇団の東京公演が天王洲アイル銀河劇場で上演されて

いる。   ギンギラ太陽’S の 「翼をくださいっ!さらばYS-11」 である。

今回の公演にあたり、テレビを含め各メディアでも数多く取り上げられているよう

なのでご存知の方も多いかもしれません。この劇団は福岡を拠点に、地元福岡

県民にしか分からない作品を上演している集団なのですが(笑) 何故その劇団が

わざわざ東京で…?という素朴な疑問すら愚問だったと己を恥じ、そして感動いた

しました。 …感動。 うーん、ちょっと違うなぁ。とにかく、開演前の劇団員総出での

西鉄バス軍団強制撮影大会(客席を走り回り写真を撮らせる、という 笑)を含め、

文句ナシの脚本、構成や俳優陣のレベルの高さ、何よりかぶりものがかぶりもの

に見えなくなってくる圧倒的パワーが何とも言えず痛快で心地良く、非常に見応え

のある公演でありました。 役者・脚本・演出が見事にハマる舞台って、意外とあり

そうで無い。それだけでも観ていてとっても幸せなのに、遠く福岡でしか観られな

い劇団が東京での地方公演(笑)を行ってくれるなんて、しかもそれを観に行く事

ができるなんて。

随分前の新聞で市毛氏の記事を読み素敵な人だなぁと感じ、その中に書いて

あった劇団の事に興味を持ち、そしてそれがこんなにもほかほかした気分にさせ

てくれる素敵な集団だと今日知ることができた。  ほんのちょっとした事が新しい

世界を知るきっかけとなり、そしてそこから広がっていく何かがある。色々な輪が

繋がっていき空と海をこえてやって来たギンギラ太陽’S のそれのように、また

ここから新しい輪が広がっていくような、そんな素敵な予感がする今日の出会い

でありました。

ブログランキング・にほんブログ村へ←宜しければクリックお願いいたします^^

|

« 甘い土曜日 | トップページ | 日常と非日常 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/152256/9872811

この記事へのトラックバック一覧です: 空と海をこえて:

« 甘い土曜日 | トップページ | 日常と非日常 »