« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007年9月25日 (火)

          『 充分に飛び立てる翼は作っておいた

                          後は使い方次第だ 』

                                                 イカロスの翼より

肝に銘じる自分がいる。何が大事か決して見失わないように。。。

ブログランキング・にほんブログ村へ宜しければクリックお願いいたします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月17日 (月)

大いなる才能に触れる・2

さて、前回からの続きですが、大急ぎで会場を飛び出し向かった先は

有楽町にある『 東京国際フォーラム 』 でした。 しかし驚いた事に、乗り継ぎ

さえ上手くいけば有明→有楽町までは20分足らずで到着するんですよね。

(単純に駅間のみの所要時間ですが) 私はちょっと手間取ったのでそんなに

早くは辿り着けませんでしたが、それでも移動を含め40分弱で会場入りする

事ができました。せっかく行くのだから何とか開演には間に合いたかったので

ほっと一安心。もんのすごく疲れたけどね ^ ^ ;

と、始まる前から何かをやり遂げたような達成感に包まれている私でしたが、

肝心のコンサートはこれからですから。で、誰のコンサートかというとジャズ

シンガーの綾戸智絵さんだったのですね。そう、 あの大阪のうるさいおばちゃ

んの綾戸さん(笑)   今年はデビュー10周年という事で、来年7月まで続く

(スゴっ!) 10周年記念コンサートの初日でもありました。6年位前から一度

生で聴いてみたい!とは思っていたのですがなかなか機会に恵まれず、

今回が初めてのコンサートだったのです。普段、彼女のCDを聴いたり買った

りという事がないので殆ど行きあたりばったりみたいな参加の仕方ではあり

ましたが、そんな私でも本当に楽しむ事ができました。歌がスゴイのは当たり

前ですが、MC、バンドとの一体感、そこから生み出される音楽の底力みたい

なものまでビシビシ伝わってきました。ただ、聴きにくる客層の年齢も高いので

仕様が無いのでしょうが、皆ずーっと座って聴いてるのが当たり前な感覚の

年代で…。トイレとかやたらと近い年代でもあるのか、しょっちゅう人の出入りが

あるしさ ; 最近ではホールクラスの大きな会場でのコンサートが殆どのようで

すが、あの楽しさは是非ライブハウスで体験してみたい! ただ座って聴いてる

のなんてもったいないよなー、ほんとに。

なんて、そんな残念感も少しありましたが、コンサート自体はもんのすごく完成

度の高いもので行って本当に良かったです。アレンジとかびっくりするくらい

元曲が分からなくなってたりするんだけど、それも完全にアリと思わせる抜群の

歌いっぷりがたまらなく良い。もちろんMCも面白いし(笑) 途中で気付いたの

ですが、コンサートの間客席も照明は落さず明るいままだったんですよね。

そんな所も彼女らしい。それが最後のアンコールの時になって初めて客席は

真っ暗に。舞台上の彼女とピアノだけが照らし出され、朗々と『家路』を歌い

上げる。そして幕 ―― 。 心に残る演出でした。

ブログランキング・にほんブログ村へ←宜しければクリックお願いいたします^^

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月15日 (土)

大いなる才能に触れる・1

江東区有明にある『 パナソニックセンター東京 』の5周年記念イベントが

15、16日と2日間にわたり開催されています。なかなかに盛り沢山の内容

なのですが全て無料で参加できるという嬉しい企画。その中に、映画監督

黒沢 清氏のトークショーがあり本日家族3人で行って来ました。

黒沢監督といえば『CURE 』(97)、『 回路 』(00)、『 叫(さけび)』(06)、

などなど数多くの作品がありますが、上記↑『 CURE 』 『 回路 』のノベラ

イズ(黒沢氏自身による著書)もこれまたとっても面白くて、監督業だけでは

なく小説を書いても異才を放つ多才な監督さんです。

江東区出身である巨匠・小津安二郎監督の記念特別トークショーという事だった

ので、小津作品についても触れながらご自身の映画に対する姿勢や思いなど

語っていただけて、黒沢ファンとしてはなかなかに興味深いものがありました。

約1時間のトークショーだったのですが、きちっと原稿を用意されていたりとか、

お話の仕方も非常に上手でとても心地よく、その辺は私としてはちょっと意外な

感じではありました。監督の映画って、何だか常に不安にさせられる印象が強く、

今日拝見した様子とは程遠い感じがしたものでそのギャップがまた更に素敵

だなぁ、と ^ ^;   ますますファンになってしまいましたよ。

しかし、このトークショーに参加するにあたって少々悩ましい事態が…。14時半

から15時半までの予定で開催されたのですが、私この後16時には有楽町に

どうしても居なければならなかったのです。30分では無理だろ?どう考えても;

会場に入る前は 「15時15分頃に抜け出して行けばいいかな~」、と考えてい

たのですが、実際トークショーが始まると 「この雰囲気で席を立つ 、なんて事の

方が無理!」 という事に…orz  実際、監督のお話も非常に面白くて途中で出て

いくのはもったいないし、何より監督に対して失礼すぎるよな~ ;  幸い、非常に

きっちりした方で15時半きっかりに終了してくださったので (それもすごくね?

性格的に(笑 )  ぎりぎりながら何とか有楽町へ向かう事ができました。後ろでは

「それでは引き続き質問のコーナーへ…」という司会の方の進行が聞こえ、心の

中で(あー!こういう質問コーナーっていうのがまた面白いのになーー!)と叫び

つつも一人猛ダッシュですよ。その後の様子は残っていた夫と息子に後で聞き

ましたが、偏った方たち(汗)の質問が会場を違った意味での緊張感に包んでい

たようで、惜しいものを見逃したなーとかなり悔しかったです。

それにしても、何故に有明から有楽町まで30分で移動するという無茶な事態に

なったのか…? それは、ある方のコンサートに行く事になっていたからなのです。

ブログランキング・にほんブログ村へ←続きは次回です<(_ _)> 宜しければクリックお願いいたします^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月14日 (金)

感想:散歩といえども侮れないな

夕方出掛けたお散歩先で、「なぬーっっ?」な出来事がありました。

よく通るお散歩コースで、少し前方を横切る男性が目の端にうつった時の

事です。そこで私の中のセンサーが発動。 「?えぇっ? ○○さんっっ!?」

昔ある劇団に所属していて、今も数々のドラマ、映画などにも出演されて

いる方と激似ではありませんか。結構好きで応援している方なので私の目は

釘付けに。いや、しかし、何でこんな所歩いてるの…?フツーに何もない場所

だっただけに俄にその姿を信じられない私。 でも、何かやっぱり格好とか持っ

てる鞄とか全然高そうだしセンスいいし、この場所に全くそぐわない芸能人

オーラみたいなの発してるし、もしかしてもしかする???   とは思うものの

既に後ろ姿だった為に確証が持てず、それでも何となく(笑)付いていった所、

彼がおもむろに携帯で話し始めたのです。 「あ、もしもし、○○ですけど…」

続きを読む "感想:散歩といえども侮れないな"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月10日 (月)

いてもたっても

今更すぎる内容ですが、先週末関東地方は台風直撃で各地に被害が及び

ました。絵に描いたような直撃ルートで、午前中の早い時間――特に通勤・

通学の時間帯に東京を通過もしくはその直後、という事で迷惑この上ない

お騒がせ台風だったのですが、何故かそんな日に限って早番なんだよね♪;

前夜から、電車が止まった時の為にバスでの行き方など調べまくっていたの

ですが、バスなんて時間があってないようなものですから「一体何時に家を

出ればいいんじゃ!」と少々キレながらも5時に目覚ましセットして準備万端

で就寝したにも関わらず、目が覚めると何故か5時45分 ̄▽ ̄; いつもより

15分早いだけじゃん!!  台風の様子を気にするのとはまた違った意味で

青くなりながらテレビやネットで交通情報をチェックすると、メトロ・JRともに

遅れながらも何とか動いているようでほっと一安心orz  逆にいつもより早く

到着いたしました ^ ^;  こうした状況でも電車、バスともに何とか動いていて

くれるのでホントに助かります。こういう日に遅刻するのは、ありがちすぎて

絶対にイヤなタイプなので(笑) ちなみに小学校は2時間遅れでの登校でした。

その頃には雨も止んでいたみたいで良かったです。

朝はそんな東京も午後からは台風一過、蒸し暑い夏空が戻っていました。

湿度が高いので夕焼けの色も異常に濃く、どこもかしこも紅く染まっていて

ちょっと不思議な世界が広がっていました。

Pa0_0638_2

Pa0_0622_2

Pa0_0624_2                                                

Pa0_0628_2

幻想的な世界からいつもの夕暮れへと移り変わっていく様子もなかなか

よく、ずっと見入ってしまいます。といっても、この間ほんの10~15分程。

短時間のうちに沢山の色を魅せてくれる夕暮れ時は1日のうちで一番

好きな時間です。あまりにも綺麗なのでいてもたってもいられず(笑)、

ベランダに出てこうして何枚も写真を撮ってしまいます。刻々と変わって

いく様は何度見ても飽きるという事はありません。

ブログランキング・にほんブログ村へ←宜しければクリックお願いいたします^^

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年9月 4日 (火)

夏は紅(くれない)

この時期、歩いていてよく目に留まるのが百日紅(サルスベリ)の花。

ボリューム感があり、たわわな様がとても私を惹きつける。花の色も

濃いピンク色、紅色、白色、そして薄紫色などがあり、どの色もそれぞれ

本当に素敵で見る度に心癒される花のひとつです。

一般的なのは濃いピンク色や紅色なので、白色や薄紫色に遭遇すると

異常に反応&観察してしまう自分(笑)   だって、ほんとに綺麗で可憐で

いくら見ても飽きない魅力がある花なのです。(正確には木ですが ;)

070903_122801 070903_123101_2                                                                                                                        

そして最近一斉に咲き始めたのがブラシの木。そのまんま 「 ブラシみたい

だからブラシの木 」 という事なんですが、この花もまたいつ見てもつい見入っ

ちゃうというかどのブラシにしようか迷っちゃうというか(迷わないよ) ホントに

面白い花を咲かせる木だなぁと、これまたついつい観察してしまう自分。

Pa0_0170_3

どうしてこんな形なのか

しかし、このブラシの木の花って 「あれ?この間も咲いてなかったっけ??」と

思う程よく見かける気がするのですが、7月~9月くらいの開花時期なんですよ

ね。。。 1年に1回のはずなんですが、年に3回くらい咲いてる気がするのは

どう考えても私の勘違いなのでしょう ^ ^; 

あと、夏といえばやはり夾竹桃(キョウチクトウ)。樹液は有毒だそうで、私の

中ではどうしても「毒の花」というイメージが強く、こちらは咲いててもいまいち

気にならない薄情っぷりです。葉の形も特徴的で毒に加わり鋭利なイメージも

強い木です。

百日紅、ブラシの木、夾竹桃ともに、どれも紅色の花が特徴的です。至る所に

植樹されているので目にされる方も多いと思います。うだるような暑さの中、

この強烈な紅色が更に暑さを助長させる気さえします。でも、9月に入り最近の

ように涼しくなってくるとその毒々しい紅色も勢いを失い、私の目には何だか

ちょっと寂しげに映ります。 花が散ると秋がやってきます。

ブログランキング・にほんブログ村へ←宜しければクリックお願いいたします^^

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月 3日 (月)

確実に○○は…

最近ほんっとに涼しくて、ついこの間まであんなに暑かったのにと思うと

寂しくてなりません。夜は蝉ではなく鈴虫が鳴くようになり、日中も幾分残暑は

感じられるもののクーラーなどもう必要はなく、非常に過ごしやすい季節と

なりました。一番助かるのはわんこズのお散歩が時間を気にせず行けるよう

になってきたこと! 夏はもうねぇ… orz   正直、何時に行っても暑いですか

ら  ̄▽ ̄ ; 最終的には5時半とかに( もちろん朝;)行ってましたよ。明け方

エアコンのタイマーが切れると目が覚めちゃうので、もうそのまま起きて行っ

たり。 それでもやはり夜行くよりは朝の方がまだ暑さはマシなのですが、

長い時間は無理だし帰る頃には汗だくだし。 運動量も減るので夏はネオの

体重も鰻登りです。(先週病院で量ったら7㎏越えてました; あぅー)

続きを読む "確実に○○は…"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »